Touken Komachi






脇差 拵入り
Wakizashi, Koshirae
大和守吉道
Yamato no kami Yoshimichi
【銘文】表 : 大和守吉道
【寸法】刃長 54.8cm(1尺8寸0分8厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 3.13cm、元重ね 0.54cm、先幅 2.22cm、先重ね 0.48cm、目釘孔 1個、刀身重量 565g 、拵全長 77cm
【時代】江戸時代前期
【国】摂津
【特徴】鎬造り、庵棟、身幅広め、重ね尋常、反り浅くつき、中切先となる姿。生茎、鑢目(表)筋違に化粧(裏)勝手下がり、先入山形、目釘孔一。地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つく。刃文は、互の目乱れ、丁子刃交じり、足入り、沸よくつき、金線入り、飛び焼きかかる。帽子は、僅かに湾れて先小丸に返る。

黒蝋色塗鞘脇差拵 : 無文鐔(赤銅地、お多福木瓜形)、獅子図目貫(赤銅地容彫)、馬図縁頭(赤銅石目地 銘 栄寿(花押))

 初代大和守吉道は、初代大坂丹波守吉道の次男(京初代吉道の子との説もある)、三品宇左衛門と称し、中直刃や拳形丁子を上手に焼く。年紀には承応元、寛文三、万治元・二・三、延宝二・三などがある。二代大和守吉道は、初名三品四郎兵衛、のちに伝右衛門と称し、姫路播磨にても打つ。中河内風の丁子乱れが多いが、家伝の簾刃交じりのものや、濤乱風に丁子を交える作などもある。万治・寛文の頃に活躍した。

参考文献:『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成12年 

見どころ
よく沸づいた互の目乱れ刃文に拳形丁子を交じえた明るい刃文を焼いています。茎の表裏で鑢目が異なっています。
                                                                        
状態現状ではで保存と鑑賞が可能です。 小柄・笄は付いていません。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、拵(小柄・笄は欠)、拵袋、登録証(岐阜県 第77936号 昭和拾九年弐月廿弐日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十八年八月二十六日発行)


【商品番号】A171217【価格】580,000円 → 500,000円(消費税込・送料込み) 値下げしました!


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.