Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
河内国包守
Kawachi no kuni Kanemori
【銘文】表 : 河内國住包守
【寸法】刃長 44.84cm(1尺4寸8分0厘)、反り 1.36cm(四分五厘)、元幅 3.14cm、元重ね 0.75cm、先幅 3.13cm、元重ね 0.65cm、目釘孔 1個、刀身重量 536.5g、白鞘全長 66cm
【時代】江戸時代前期
】河内

【特徴】姿は、薙刀直し造、庵棟、身幅広め、重ね尋常、元先幅差ほとんどつかず、大切先となる。

 茎は、生茎、先剣形、鑢目筋違、目釘孔二。

 地鉄は、板目肌、杢目や流れ柾交じり、地沸つき、地景入り、白気映り立つ


 刃文は、湾れに互の目、矢筈風の刃が交じり、沸よくつき、金筋・砂流しかかり、飛焼・棟焼入る。

 帽子は、直ぐに矢筈風の乱れを交えて小丸に返り、先掃きかける。

【見どころ】大切先で元先の幅差がほとんど変わらず、先の方に重心がくる豪壮な姿の脇差です。よく練れた板目の鍛え肌は杢目や流れ柾が交じり白気映りが立ちます。浅い湾れに、矢筈風の乱れ刃を交え、匂口柔らかに沸づき、金筋・砂流しかかる刃文を焼いています。河内国包守は銘鑑漏れの刀工ですが、豪壮な体配や地鉄鍛え、矢筈風の刃を生かした刃文構成、引き締まった茎仕立てに細鏨で切る銘字などに独特の調子が見られ、上手で興味深い刀工です。

【状態】
研磨の状態は良好で、十分に保存と鑑賞が可能です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(岡山県 第二一五九号 昭和26年5月11日発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成17年6月20日発行)

【商品番号】A161018【価格】550,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.