Touken Komachi





槍 白鞘入り 
Yari, Shirasaya
兼先
Kanesaki
【銘文】表 : 兼先作
【寸法】刃長 21.8cm(7寸1分9厘)、反り 0cm(なし)、元幅 3.04cm、元重ね 0.98cm、先幅 3.06cm、先重ね 0.73cm、目釘孔 1個、刀身重量 386.5g 、白鞘全長 100.5cm
【時代】江戸時代前期

【特徴】姿は、両鎬造、ケラ首短く、身幅広く、重ね尋常で平たく、先幅がやや広く張る体配。

 茎は、継茎(銘の下部より)、元来は鑢目切りに檜垣、継茎部分はせんすき、先切り、目釘孔一。

 地鉄は、板目肌よく練れ、流れ柾交じり、鉄色黒味がかり、地沸つき、地景入る。

 刃文は、湾れに小互の目交じり、匂口締まりごころに、沸づき、小足・葉入り、金筋・砂流ししきりにかかる。
 
 帽子は、表は乱れ込み、小丸に返る。裏は玉を一つ焼き、小丸に返る。

【見どころ】兼先は、室町時代後期より美濃国関で活躍した刀工一派です。同名には数代があり、越前・因幡・安芸など諸国に移り住んだことが知られています。本作は江戸期の作で、表銘字の下部に丸い鉄鋲状の部材が見え、側面観における同部の接続形状や茎の重さと鑢目の違いなどから、一旦短く切った茎に後年別の茎先を継ぎ足したことが判ります。銘字部分は元来のもので、茎長を目的や用途に合わせて加工したものと見られます。槍身は刃長に比して身幅広く、重ね尋常でそのバランスは平たく、鍛え肌は板目に刃寄りに流れ柾交じりよくまとまって美観を呈しており、湾れに小互の目を交えた匂口締まる刃文も変化に富み冴えています。


【特徴】
研磨済み、白鞘新調。たいへん良好です。
【付属品】白鞘、登録証(岡山県 第30611号 昭和卅四年弐月弐拾五日発行)

【商品番号】A130818【価格】350,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.