Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
紀伊国安広(康廣)
Kii no kuni Yasuhiro
【銘文】表 : 於紀刕安廣
【寸法】刃長 44.9cm(1尺4寸8分1厘)、反り 1.2cm(3分9厘)、元幅 3.27cm、元重ね 0.67cm、先幅 2.40cm、先重ね 0.50cm、目釘孔 1個、刀身重量 536g 、白鞘全長 68.5cm
【時代】江戸時代前期
】紀伊

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広く、重ね厚め、先反りつき、中切先となる。

 茎は、生茎、鑢目筋違、先入山形、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌つみ、地沸微塵に厚くつく。表はやや大肌が交じる。

 刃文は、湾れに互の目が交じり、刃縁ほつれ、足入り、匂深く沸よくつき、金筋・砂流しかかる。

 帽子は、直ぐに丸く返り、先掃き掛ける。

【見どころ】安広は、寛文頃に作刀した紀州石堂派を代表する刀工で、富田源蔵、五郎左衛門と称し、初銘を安広、後に康広と改めます。本国は紀伊で、後に摂津に移住し、京でも作刀します。「備中守橘泰広」、「備中守康広」、「紀伊国康広」、「冨田五郎左衛門尉康広」等と銘を切ります。一門の多くは大坂へ移り、これを大坂石堂と呼んでおり、その中では多々良長幸がよく知られています。初代康広の名跡は、貞享頃の二代、享保頃の三代へと継承され、いずれも大坂で作刀しています。

 本作は湾れに互の目が交じる作風で、
康広の若打ちです。康広は、備前伝の丁子乱れを得意とする一方で、互の目を主調とした変わり出来の作品も残しており、安広銘の頃、大和守安定との合作刀を残していることから、相互の関係性が窺われます。本作は、大和守安定が展開していく湾れや互の目の作品とも通じるものがあり、覇気横溢とした一振りとなっています。

【状態】
小錆がわずかにありますが、全体的に良好です。
【付属品】素銅一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(三重県 第17976号 昭和40年1月26日交付)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成28年7月21日)

【商品番号】A121018【価格】350,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.