Touken Komachi





刀 白鞘入
Katana Shirasaya
濃州関住人兼知︎
Noshu Seki junin Kanetomo︎
【銘文】表 : (折返銘)濃州関住人兼知 明応八年二月日/裏 :︎ (金象嵌銘) 延宝四年七月十日貳ツ胴截断
【寸法】刃長 72.4cm(2尺3寸8分9厘)、反り 1.6cm(5分2厘)、元幅 3.21cm、元重ね 0.69cm、先幅 2.14cm、先重ね 0.45cm、目釘孔 3個、刀身重量 741.5g、白鞘全長 97.5cm
【時代】室町時代 明応八年
】美濃

【特徴】姿は、鎬造り、庵棟、身幅広め、重ね尋常、反り頃合いにつき、中切先延びる。

 茎は大磨上げ折り返し銘、鑢目(旧)檜垣、(新)勝手下がり、目釘孔三。

 地鉄は、板目肌に杢交り、地沸つき、地景入り、かね冴える。

 刃文は、直刃調、浅い小湾れ交じり、匂口締まりごころに冴え、よく沸づき、砂流し頻りにかかる。

 帽子は、表は直ぐに裏は小乱れ状に、先丸く棟寄りに返り掃き掛ける。

【見どころ】折返し銘で大磨上げの体配ながら現状で二尺三寸八分強の長さがあり、元はかなり長寸であったと見られる一振りです。堂々とした体配で、よく練れ肌目がよく見て取れる鍛え肌は地沸つき地景入り強く、直刃調の沸出来の刃文が明るく匂口締まりごころに冴えて見事な作品です。
 「明応八年二月日」と年紀のある本作は、数名存在する関の兼知の一基準作として、貴重な史料と言えます。銘鑑記載の兼知のうち本作の作者として候補に上がるのは
、①明応頃・兼綱の子、②永正頃・得印派兼久の子、③天文頃が主な作刀時期で二字銘以外にも「濃州関住〜」「関住〜」といった居住地を示す銘を切る優工の3名です。③の兼知には、天文廿二年(1553)の年紀作すなわち本作の年紀から54年を隔てた後の作があり、本作の完成度の高さからこれを成して約半世紀後が主な作刀時期となる刀工と同一人物とは考えられないため③の可能性は否定でき、①か②が該当すると考えられます。延宝四年七月十日貳ツ胴截断の金象嵌銘から、切味にも優れたことが分かります。

【状態】
ハバキ元と棟に薄錆がわずかにあります。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(兵庫県 第106825号 平成4年7月16日発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成六年十月二十日発行)

【商品番号】A111118【価格】2,200,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.