Touken Komachi





刀 軍刀拵入り 
Katana, Gunto Koshirae
武藤 幸広 
Muto Yukihiro
【銘文】裏 : 幸広作
【寸法】刃長 65.4cm(2尺1寸5分8厘)、反り 1.4cm(4分6厘)、元幅 3.12cm、元重ね 0.76cm、先幅 2.19cm、先重ね 0.59cm、目釘孔 1個、刀身重量 810.5g 、拵全長 96cm
【時代】昭和18-20年頃
都道府県】福岡

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅尋常、重ね厚め、元先やや幅差つき、先り頃合につき、中切先となる姿。

 茎は、生茎、鑢目切り、先入山形、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌つみ、地沸つく。

 刃文は、直ぐ調、匂口締まり、浅く湾れ、小互の目刃を交え、小足・葉入り、沸よくつき、ところどころ二重刃状となる。

 帽子は、表は湾れ込み先尖りごころに返り、裏は乱れ込み先小丸に返る。

【見どころ】元先の焼幅はほぼ一定に保ち、腰元は匂口の締まった匂本位の直刃にごく小模様の変化を交える出来から、刀身中程から物打ちにかけては盛んに沸づき、互の目や二重刃状の変化が目立つようになる刃文構成となっています。重ねのしっかりとした、刃長を若干短めに作られた軍刀です。
 幸広は、武藤八郎といい、明治35年生まれ、福岡県三瀦郡大川町榎津(大川市榎津本町)の刀工です。祖父は、武藤信濃守久広、父は、二代武藤久広(本名喜三郎)、兄は、武藤秀吉(本名秀弘)。昭和18年、42才で陸軍受命刀工となり、戦後も、昭和46年3月に作刀承認を受け、新作名刀展に入選するなど作刀を行いました。


【状態】錆とヒケがあり研磨は不完全なものですが、生刃があります
横手下4cmあたりに粘い刃が小さく押広げられたような刃毀れ、横手下8mmあたりの鎬筋に2mmほどの切込疵があります。拵の状態は大変良好です。
【付属品】素銅一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(福岡県 第52341号 昭和四弐年拾弐月拾弐日交付)



【商品番号】A110918【価格】280,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.