Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。




短刀 拵入り
Tanto, Koshirae
無銘(末関)
No signature, attributed to Sue Seki
【銘文】無銘
【寸法】刃長 28.8cm(9寸5分0厘)、反り0.1cm(3厘)、元幅 2.84cm、元重ね 0.58cm、目釘孔 1個、刀身重量 210.5g 、拵全長 46.5cm
【時代】室町時代
【国】美濃

【特徴】平造、庵棟、身幅・重ね尋常、わずかな反りがつく短刀姿。生茎、鑢目切り、先栗尻、目釘孔1個。地鉄は、板目肌、杢目肌交り、流れごころあり、地沸つき、地景入り、白け映り立ち、地班を伴う。刃文は、大互の目乱れ、足・葉入り、尖り刃交り、沸付いて、金筋・砂流ししきりにかかり、棟焼き入る。帽子は、乱れ込み地蔵帽子となり、先わずかに掃き掛ける。

研出鮫青貝散合口拵 : 龍図目貫(銀地金鍍金)、黒蝋色塗柄


美濃国における刀工の存在は比較的古く、『延喜式』には横刀(たち)の貢献があり、時代が下がると源家重代「髭切」の太刀を青墓の長者が刀工・外藤に模作させた話などが文献に伝えられている。『観智院本名尽』にも美濃国住人として、泉水、長墓の名を記載している。泉水は大和千手院鍛冶の重弘の子とされ、古千手院が美濃に分派した時代が古いことを示している。

しかしながら、鎌倉末期以前の美濃物は、現存品が皆無に等しく、現存品から存在を確認できるのは鎌倉末期の兼氏・金重以後の刀工たちからである。そのため、現在の刀剣学においては、美濃伝が流派として発生し発達したのは、鎌倉末期以降であるとされる。

初期美濃伝は、鎌倉末期より南北朝初期までのものを指し、大和から移住し、のちに相州正宗の門人になったと伝えられる志津兼氏や、越前敦賀からこの地に移住した金重らを中心とする。一般には、相州風の地鉄に大和伝がまじると言えるものである。

中期美濃伝は、南北朝時代は延文・貞治頃から室町時代のごく初期のもので、作風は直江志津の名称が中心となるが、時代的にも磨上げ無銘のきわめ物にその作品は多く、作域は明瞭でない。地鉄に柾気が強くなること、白気があること、刃文が匂がちの沸出来であること、刃文が大きいこと、互の目の尖りが顕著であることなどが特徴とされる。

後期美濃伝は、室町時代であるが、刀工数や作刀量において美濃伝が大きく飛躍するのはこの室町時代中期以降である。関を中心とし、赤坂などでも流派の伝統が受け継がれた。時代背景としては、南北朝時代末から室町時代応永頃にかけて、斎藤氏(利永、利長)の造刀奨励が功を奏し、時宜を得て、関七流を中心とした刀工群が繁栄し、美濃千軒と称されるほど隆盛を誇ったとされる。善定兼吉、和泉守兼定、孫六兼元らがとくに有名である。室町時代末期になると、次第に鉄質や品位が劣ってくるものの、戦国時代のニーズに適した切れ味の優れた実用的な作は、武門の信頼を得て各地に広がり、招かれて諸国に移住した刀工も多い。この時代を一括して末関物と総称している。彼らが、豊徳時代に各地の諸大名に抱えられ、新刀鍛冶の元祖となり、美濃伝は新刀に強い影響を与えていくことになる。

本作は、平成19年の保存刀剣鑑定書で、「末関」と極められています。

参考文献 : 『日本刀 本質美にもとづく研究』山田英 著 (中央刀剣会 発行 昭和39年)、『日本刀全集 第3巻』本間順治 佐藤貫一 監修(徳間書店 昭和42年)


見どころ変化に富む大互の目乱れ刃文は、金筋や砂流しがしきりにかかり、覇気があります。軽妙な手持ち感も特徴です。拵は、大小様々な大きさに丸く形取った鮫皮を黒漆を掛けて研ぎ出し、ところどころにきらめく青貝を散した鞘の合口拵で、近年制作されたもので状態も大変良好です。

状態現状で、保存と鑑賞が可能です。刀身は、刃区と切っ先にわずかに欠けがあります。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(広島県第44967号 昭和49年11月21日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成19年5月1日発行)



【商品番号】A110816【価格】250,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.