Touken Komachi





短刀 拵入り
Tanto, Koshirae
無銘 (新々刀寿命)
Mumei, attributed to Shinshinto Jumyo
【銘文】無銘
【寸法】刃長 29.4cm(9寸7分0厘)、反り 0.3cm (9厘)、元幅 2.72cm、元重ね 0.72cm、目釘孔 1個、刀身重量 264.5g 、拵全長 cm
【時代】江戸時代末期
【国】美濃
【特徴】平造、庵棟、身幅尋常、重ね厚く、寸延びごころに、浅く反り、フクラつく姿。生茎、鑢目筋違に化粧、先やや細って栗尻、目釘孔一。地鉄は小板目よく練れ、地沸つく。刃文は尖り互の目乱れ、小沸つく。帽子は直ぐに中丸ごころ、長めに返る。

腰一分刻黒石目地塗印籠刻黒蝋色塗
鞘小さ刀拵 : 葦雁図鐔(鉄地金色絵)、羽箒図目貫(赤銅容彫金色絵)、近江八景図縁頭・栗形・鐺(四分一地高彫金色絵)、織姫図小柄(赤銅魚々子地金銀色絵)

 寿命(じゅみょう)は、としながともいい、寿の命と読めることから、武家時代にはお祝差として武家の間に流行しました。一派の刀工には、宗吉、助宗、宗次、国吉らがおり、応永ごろより江戸時代まで続いています。本作は、江戸時代後期の寿命系の刀工の作とみられます。

参考文献:『日本刀銘鑑』石井昌國 本間薫山 雄山閣 平成十二年、『日本刀の掟と特徴』本阿彌光遜 美術倶楽部刀剣部 昭和三十年初版、昭和四十三年七版

見どころ
近江八景図で一作の縁頭・栗形・鐺を用いたまとまりのある小さ刀拵に、新々刀寿命と極められた刀身が入っています。
                                                                         
状態刀身は、表中程の刃寄りにごく浅い鍛え割れがあり、古研ぎでヒケ、小錆があります。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、拵、拵袋、登録証(富山県 第19818号 平成21年10月14日交付)保存刀剣鑑定(日本美術刀剣保存協会 平成二十二年三月十九日発行)
A100218-3
【商品番号】A100218【価格】280,000円(消費税込・国内送料含む)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.