Touken Komachi







太刀 白鞘入り 
Tachi, Shirasaya
吉原 国家
Yoshihara Kuniie
【銘文】太刀銘 表 : 國家作 昭和五十八年八月吉日 / 裏 : 仙琇彫之
【寸法】刃長 75.0cm(2尺4寸7分5厘)、反り 2.4cm(7分9厘)、元幅 3.39cm、元重ね 0.72cm、先幅 2.46cm、先重ね 0.52cm、目釘孔 1個、刀身重量 833g 、白鞘全長 102cm
【時代】昭和58年
都道府県東京

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、踏ん張りつき、反り深く、中切先となる体配。

 茎は、生茎、勝手下がり、先栗尻、目釘孔一。

 彫物は、表裏に棒樋を掻いて丸止めとし、表に「南无」の文字、裏に這龍に渦巻図の浮彫がある。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、地景入り、腰元に淡く丁子映り立つ。

 刃文は、匂出来、丁子乱れに、大房丁子、重花丁子交じり、焼幅広く、華やかに足・葉よく入り、匂口締まって明るく冴える。

 帽子は、乱れ込み、先尖ごころに返る。

【見どころ】
吉原国家刀匠は、本名を吉原荘二といい、昭和20年2月、吉原将博刀匠を父に、吉原国家刀匠を祖父にもつ刀匠一家に生まれ、兄の吉原義人刀匠とともに祖父国家について修行しました。本作は、華やかな備前伝を得意とする国家刀匠の、刃文がよく整い強い地鉄となる福岡一文字写しの優品で、深い樋中に刀身彫刻師の苔口仙琇氏の手になる浮彫を施した見事な一口です。仙琇氏は、刀身彫刻には表裏一体の関連性が不可欠としている通りに、本作の表裏の彫刻の画像を並べてみると、そのバランスや姿態・字体が秀逸なだけでなく振り返る龍の視線が「南無(无)」の二文字をしかと捉えて、観るものに跳ね返り、「南無」と唱えることの意味や、ひいては刀の存在についてを深く問いかけてくるような迫力があります。龍の先にある渦も仏教的なモチーフと言えます。国家刀匠は前年の昭和57年に、仙琇氏はこの昭和58年に、それぞれ無鑑査に認定されました。

【状態】
状態はたいへん良好です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都 第231291号 昭和五拾八年拾弐月八日交付)



【商品番号】A090818【価格】2,500,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.