Touken Komachi






刀 白鞘入り 糸巻太刀拵付 
Katana, Shirasaya, Itomaki Tachi Koshirae
無銘 (細川正親)
Mumei, attributed to HOSOKAWA Masachika
【銘文】無銘
【寸法】刃長 68.4cm(2尺2寸5分7厘)、反り 2.4cm(7分9厘)、元幅 3.09cm、元重ね 0.70cm、先幅 2.00cm、先重ね 0.41cm、目釘孔 2個、刀身重量 646.5g 、白鞘全長 94cm、拵全長 105cm
【時代】江戸時代末期 慶応頃
【国】武蔵

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、元先幅差つき、反り深く、中切先延びごころとなる。

 茎は、磨上、鑢目は筋違、先は切り、目釘孔一。

 地鉄は、板目肌よく練れ、杢目交じり、柾がかり、地沸つき、地景入る。

 刃文は、互の目乱れ、丁子刃交じり、足・葉入り、沸よくつき、細かな砂流ししきりにかかる。

 帽子は、乱れ込み、先掃き掛ける。

【見どころ】細川正親は、本国奥州白川、本名を酒井涛江といい、細川正義の門に学び、天保末年より武州八王子小比企村に住した刀工です。「武州八王子住正親」、「酒井正親」とも銘を切ります。「正近」とも切り、「濤江介正近作之」「濤江介正近」「正近作」「於高尾正近作」等と銘を切る作があります。年紀は、「弘化三」「嘉永六」「安政二」などがあり、安政二年(1855)に56歳であったことが分かっています。八王子市高尾山
薬王院には「奉献高尾山飯繩大権現酒井濤江介正近武蔵太郎安貞神前斎戒沐浴一百日謹作之」と銘を切る安政二年の太刀が納められています。

 正親は、明治初年に多摩浅川河原にて打首となり、その理由は偽作者であるからとされる一方、小栗騒動の関連とする説も伝えられています(
日本刀銘鑑」)。小栗忠順は幕末の幕臣で、遣米使節の一人として万延元年(1860)に渡米、文久2年(1862)以後、勘定奉行に4度任ぜられ、フランス公使ロッシュらの協力を得て、幕府の再建に尽力しました(「岩波日本史辞典」)。王政復古後もその意志を変えず、政府軍により処刑されています。

 本作は、磨上茎風に茎先を切り
元先幅差つき反り深く中切先となる姿で、鍛えの良い杢目が顕著な地鉄に互の目丁子の刃文を焼いて、師伝の備前伝をよく表しています。銘が消され、無銘とされている理由は定かではありませんが、深い鑢目の跡がうっすらと残っています。金蒔絵で菊紋と桐紋を交互に配し、同じく菊紋と桐紋の総金具を用いた伝統的な金梨地塗鞘の糸巻太刀拵がつけられています。落ち着いた風格のある太刀拵えですが近代の作と見られ、正親の遺業を偲んで、所縁の人物が特別に誂えたものと考えられます。

【状態】
研磨の状態はおおむね良好です。 糸巻太刀拵は、目釘孔近くの柄糸に擦れがあります。

【付属品】素銅地金鍍金一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、総金具菊桐紋金梨地鞘金茶糸平巻太刀拵、拵袋、黒塗太刀掛、登録証(高知県 第29024号 昭和61年9月2日交付)正真鑑定書(日本刀剣保存会 平成18年8月13日発行)




太刀拵を飾ってご鑑賞いただけるよう、葵の葉を象った黒塗の太刀掛も付けられています。


【商品番号】A090718【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.