Touken Komachi






刀 拵入り
Katana, Koshirae
木村 兼重
Kimura Kaneshige
【銘文】表 : 肥後住兼重 以川内川砂鉄鍛之  裏 : 昭和丁巳年八月日
【寸法】刃長 72.7cm(2尺3寸9分9厘)、反り 1.6cm (5分2厘)、元幅 3.33cm、元重ね 0.62cm、先幅 2.50cm、先重ね 0.50cm、目釘孔 1個、刀身重量 762g 、拵全長 105cm
【時代】昭和52年(1977)
【都道府県】熊本県
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、反り浅めにつき、大切先となる姿。表裏に棒樋を掻き流す。生茎、鑢目大筋違に化粧、先栗尻、目釘孔一。地鉄は、板目肌よく練れ、流れごころ、地沸付き、地景入る。刃文は、互の目乱れ、匂深く、沸よくつき、足・葉入り、砂流し長くしきりにかかる。帽子は、乱れ込み、先掃きかけ尖って返る。  

黒色変わり塗鞘打刀拵 : 波濤図縁頭(銘 湧川堂 如山)(銀地)、松皮菱に剣透鐔(鉄地)、伊勢海老図目貫(銀地)

 木村兼重刀匠は、栗原彦三郎昭秀の門下に学び、栗原氏の定めた「聖代刀の暫定位列」では「上工の列 大業物関脇格」に列されています。昭和17、47、50、52年等の年紀作があり、熊本県八代市に住しました。本作の兼重の系譜に連なる赤松太郎一門は、現在も家伝を受け継いで自家製鉄に取り組み作刀しています。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成15年、『日本刀を二度蘇らせた男 栗原彦三郎昭秀全記録』栗原彦三郎伝記刊行会 平成12年 

見どころ】銘に記されている
川内川は、熊本県球磨郡あさぎり町の白髪岳を源に、羽月川や隈之城川等の支川を合流し、川内平野を貫流し薩摩灘へと注ぐ一級河川。本作はこの川内川の砂鉄を用いて鍛えられた一振りで、地鉄に独特の悠々とした趣があり、身幅広く大切先となる豪壮な一振りです。表裏に棒樋を掻き、重量感のある中にも手持ちのバランスが考慮されています。銘の「肥後住」の三字を流れるような行書体で切っている点も特徴的です。居合に用いられた現代金具で製作された拵に入っています。
                                                                         
状態健全な姿で研磨の状態も良好です。
【付属品】銀一重ハバキ、拵、拵え袋、黒塗鞘、登録証(熊本県 第39030号 昭和五拾弐年八月拾七日交付、平成拾年弐月弐拾日再交付)




【商品番号】A090418【価格】480,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.