Touken Komachi


わきざし 白鞘入り
近江守藤原継廣
おうみのかみふじわらつぐひろ
【銘文】(表)近江守藤原継廣
【寸法】刃長 55.0cm(一尺八寸一分五厘)、反り1.30cm(四分二厘)、元幅 3.16cm、元重ね0 .69cm、先幅 2.15cm、 先重ね 0.44cm、目釘孔 壱個、刀身重量 522g
【時代】江戸時代中期 寛文頃(1661~)
【國】越前

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅やや広く重ねも厚めで、きれいな反りがつき中切先となる姿の脇差。生茎、鑢目大筋違、先入山形、目釘孔1。地鉄は小板目肌、やや肌立ち、地沸細かに厚くつく。刃文は直刃、小互の目や小足を交え、小沸つき明るい。帽子は直ぐに小丸に返る。

近江守藤原継広は越前下坂派の刀工で、一派を代表する刀工に越前康継がいます。美濃から越前に移住した刀工一派で、越前関とも呼ばれ、斬れ味の優れた実用刀として高く評価されています。
初代継広は寛文頃からの作刀が見られ、江州膳書および江戸でも鍛刀をおこなっています。元禄頃には二代が活躍しています。

【見どころ】よく詰んだ小板目鍛えの地鉄に直刃が明るく輝き、すっきりとした姿の良い脇差です。

状態
刃先と棟に錆があり、ヒケがあります。研磨のご相談も承ります。差し裏の茎は、銘が削られたと見え、鑢を掛け直されています。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、ご予約の上ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(青森県 第16936号  平成26年2月25日交付)
【商品番号】A080814【価格】120,000円 (消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。

ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.