Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
初代 出羽守行広
1st generation, Dewa no kami Yukihiro
【銘文】表 : 肥前一文字出羽守行廣
【寸法】刃長 68.4cm(2尺2寸5分7厘)、反り 2.2cm(7分2厘)、元幅 3.10cm、元重ね 0.65cm、先幅 2.13cm、先重ね 0.40cm、目釘孔 2個、刀身重量 681.5g 、白鞘全長 93.7cm
【時代】江戸時代前期
【国】肥前
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広め、重ね尋常、鎬幅広く、やや元先に幅差つき、反り深めにつき中切先となる姿。生茎、鑢目大筋違、先栗尻、目釘孔二。地鉄は小板目肌よくつみ、杢目交じり、地沸微塵に厚くつき、地景細かに入る。刃文は広直刃、匂深く、小足入り、小沸よくつき、細かな金線・砂流しかかる。帽子は直ぐに小丸に返り、先わずかに掃き掛ける。

 出羽守行広は元和三年生まれ、寛文・延宝の頃活躍した肥前の刀工である。初代忠吉の孫で、橋本吉信の次男、河内大掾正広の弟。九郎兵衛と称し、慶安元年出羽大掾となり、寛文三年に出羽守を受領した。「慶安三年、長崎にて薬師寺某より和蘭陀鋼の鍛法を学び和法に取り入れて鍛刀す」という。一文字を切り、芸州広島でも作刀したと伝えられる。「肥前国藤原行広」「肥前国出羽大掾藤原行広」「一肥前国出羽守行広」「一肥前国佐賀住出羽守行広」「肥前国出羽大掾行広阿蘭陀鍛作之」「一肥前国出羽守行広以阿蘭陀鍛作」「肥前一文字出羽守行広」などと名を切る。天和二年五月二十七日、六十六歳で没した。

参考文献:『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成12年 、『寒山刀剣講座 第四巻』刀和会 大塚巧藝社 昭和56年

見どころ
元幅が広く反りの深めについた体配で、よく詰んだ小板目に杢目が交じる地鉄に、小沸がよくつき匂口が明るく冴えた広直刃を焼いています。直刃の作は、出羽守行広には比較的珍しいといえますが、肥前の伝統的作風とも言え、流石に上手です。差裏(佩表)に銘を切り、控え目釘孔があります。
                                                                        
状態刃区にわずかに欠けています。 ヒケ、鞘あたりがあります。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(佐賀県 第23460号昭和53年7月11日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十九年二月二日発行)
【商品番号】A071217【価格】590,000円(消費税込・送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.