Touken Komachi






短刀 白鞘入り 拵付 
Tanto, Shirasaya, Koshirae
兼法
Kanenori
【銘文】表 : 兼法
【寸法】刃長 29.8cm(9寸6分6厘)、反り 0cm(なし)、元幅 2.70cm、元重ね 0.64cm、目釘孔 2個、刀身重量 212.5g 、白鞘全長 43cm、拵全長 47cm、
【時代】室町時代後期
美濃

【特徴】姿は、平造、庵棟、身幅・重ね尋常、無反りの姿。

 茎は、生茎、鑢目は檜垣、先栗尻、目釘孔二。

 彫物は、表は腰樋を掻き流し、裏は同じく腰元に棟寄りが長く区下で揃う護摩箸を掻き流す。

 地鉄は、板目肌、地沸
つき、
白けごころ。

 刃文は、互の目丁子乱れ、焼高く、足入り、沸よくつき、砂流しかかり、飛焼入る。

 帽子は、乱れ込み先丸く返り、やや浅く乱れ込んで長く焼き下げる。

 秋草図金具黒呂色塗鞘小さ刀拵 : 鐔(赤銅魚々子地)、縁頭(赤銅魚々子地)、目貫(赤銅容彫)、桃実図小柄(赤銅魚々子地)

【見どころ】兼法は、室町時代後期ごろの美濃国関の刀工で、同名が数代あります。
後に他国に移住して兼法と名乗る刀工が、信濃、遠江、越前などで活躍し、朝倉孝景、柴田勝家など名だたる武将に抱えられ、新刀期にもその名跡は加賀、越前、美濃で継承されています。本作は刃中匂を敷いてよく沸づき明るく、兼房乱れを思わせる丸みのある大模様の互の目丁子乱れを焼いて、覇気のある一口です。

【状態】刀身は表物打ち辺りに小さなヒケがあります。拵は、
黒呂色塗鞘にわずかにあたり・擦れ傷があるほかは良好です。
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都 第318051号 平成弐拾九年拾壱月拾四日交付)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成26年5月13日発行)



【商品番号】A070918【価格】650,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.