Touken Komachi





刀 白鞘入り 
Katana, Shirasaya
石堂 輝秀
Ishido Teruhide
【銘文】石堂輝秀作
【寸法】刃長 67cm(2尺2寸1分0厘)、反り 0.9cm(2分9厘)、元幅 3.31cm、元重ね 0.64cm、先幅 2.23m、先重ね 0.45cm、目釘孔 1個、刀身重量 800g 、白鞘全長 97cm
【時代】昭和
都道府県東京

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅広く、重ね尋常、元先やや幅差つき、浅く腰反りつき、中切先延びる。

 茎は、生茎、鑢目大筋違に化粧、先栗尻、目釘孔一。

 地鉄は、小杢目肌つみ、地沸厚くつく。

 刃文は、匂出来、焼き幅広く、互の目丁子乱れ、足入る。

 帽子は、一枚帽子。

 鞘書 : 石堂輝秀作 刃長貳尺貳寸壹分有之 昭和癸丑年初春吉日 寒山誌(花押)  *昭和48年の初春に佐藤寒山氏が鑑刀されています。

【見どころ】石堂輝秀は、明治33年生まれ、菊池清一といい、父の九代目石堂秀一(八代石堂是一の子)に13才の時弟子入りしました。石堂家は、江戸時代から続く刀鍛冶の名門で、古作一文字に範をとる丁子乱れの刃文を焼いて、一門から名工を多く輩出しており
、特色ある沸出来の丁子乱れを得意とした幕末の七代目運寿是一に到るまで繁栄しました。明治の廃刀令以後、石堂家は大工道具の鍛治に転向しましたが、刀作りの技術も絶やさず伝えていたと考えられます。石堂輝秀には、昭和初期から昭和17・18年頃の作刀が見られ、戦後は大工道具の製作に戻り、独自の作風を築き上げ、昭和57年に没しました。その作刀は、石堂家伝来の丁子刃や互の目刃を焼き、切れ味に優れた刀の製作者として定評があります。本作は、身幅広く腰元に反りがつく力強い体配で、極めてよくつんだ地鉄に、焼幅広く小模様の互の目丁子の刃文を焼いて切先は一枚帽子となり、肉置がしっかりとして生刃が残る健全さも貴重です。石堂輝秀の技術は、優れた鉋作りで知られる石堂輝秀鉋製作所に今なお受け継がれています。日本で唯一の大工道具の博物館「竹中大工道具館」にも、石堂の鉋の名品が展示されているそうです。

【状態】
生刃が残る健全な体配で、状態は良好です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(神奈川県 第50812号 昭和四拾六年七月廿日交付)

【商品番号】A070818【価格】350,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.