Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
赤松太郎兼裕
Akamatsu Taro Kanehiro

【銘文】(表)肥後國住赤松太郎兼裕作 (裏)戊寅年七月吉日
【寸法】刃長 76.1cm(2尺5寸1分1厘)、反り 2.1cm(6分9厘)、元幅 3.69cm、元重ね 0.77cm、先幅 2.87cm、先重ね 0.69cm、目釘孔1 個、刀身重量 990.5g 、白鞘全長 108cm
【時代】平成10年(1998)
【都道府県】熊本県

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅広く、重ねやや厚め、反り程よくついて、元先の幅さ少しくつき、大切先となる豪壮な姿。生茎、鑢目筋違、先栗尻、目釘穴1。地鉄は小板目肌よく詰み、小杢目交じり、地沸細かにつく。刃文は丁子乱れ、大互の目交じり、匂口明るく、足入り、小沸つき砂流しかかる。帽子は乱れ込み小丸に返る

赤松太郎兼裕刀匠 : 本名は木村馨、昭和36年(1961)熊本県生まれ、木村兼重刀匠が父で、兼嗣・兼照刀匠を兄に持つ、熊本県八代市で鍛刀されている現代刀匠。赤松太郎一門は自家製鉄に取り組み、独自の鋼を用いた刃味優れた豪壮な清麿写しの作風で知られ、国内はもとより海外の愛好家にも人気を博しています。赤松太郎兼裕刀匠は、昭和56年より作刀を開始、新作刀展覧会でも入選多数。37歳時の作品です。

見どころ身幅広く大切っ先の豪壮な姿で長さも2尺5寸強あり、手持ち感はずしっと手応えがありながら、先反りごころがあり平肉つかず刃先鋭く、機動性も兼ね備えた一振りとなっています。

状態わずかにヒケがあり、物打ちの表裏に肉眼ではほとんど見えませんがうっすらとまだらに曇ったように見える部分があります。生刃を残す健全な御刀で、現状のまま保存と鑑賞が可能です。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(熊本県 第49846号 平成拾年七月拾七日交付)



【商品番号】A070715【価格】650,000円 -> 550,000円 (消費税・送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.