Touken Komachi











大小 白鞘入り 拵付き 
Daisho, Shirasaya, Koshirae
太刀 : 康光、脇差 : 上野大掾藤原吉國
Tachi : Yasumitsu, Wakizashi : Kozuke Daijo Fujiwara Yoshikuni
【銘文 太刀】太刀銘 表 : 康光
【銘文 脇差】表 : 上野大掾藤原吉國
【寸法 太刀】刃長 71.8cm(2尺3寸6分9厘)、反り 1.7cm(5分6厘)、元幅 2.92cm、元重ね 0.66cm、先幅 2.00cm、先重ね 0.42cm、目釘孔 3個、刀身重量 658.5g 、白鞘全長 100cm 、拵全長 100cm
【寸法 脇差】刃長 46.1cm(1尺5寸2分1厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅 2.95cm、元重ね 0.57cm、先幅 2.06cm、先重ね 0.42cm、目釘孔 1個、刀身重量 394g 、白鞘全長 67cm 、拵全長 71cm
【時代 太刀】室町時代初期 応永頃
【時代 脇差】江戸時代前期 万治頃
【国 太刀】備前
【国 脇差】土佐
【特徴 太刀】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、先反りつき、中切先となる姿。表裏に棒樋を掻き、丸止とする。茎は磨り上げ、鑢目表は勝手下がり裏は切り、先切り、目釘孔3個。地鉄は板目肌、杢交じり、やや肌立ち、地沸つき、地景入り、乱れ映り立つ。刃文は、匂口締まりごころの腰開き互の目に小丁子や尖り刃交じり、足・葉入り、匂勝ちに小沸づき、わずかに飛び焼きかかり、細かな砂流しかかる。帽子は、乱れ込み先尖ごころに返る。

康光は、室町時代初期に備前長船で活躍し、盛光とともに応永備前の代表的刀工として名高く、「備州長船康光」、「康光」、「備州長船住右衛門尉康光」等と銘を切ります。

【特徴 脇差】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、反り浅くつき、中切先となる姿。生茎、鑢目筋違、先栗尻、目釘孔1個。地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つき、地景入る。刃文は、互の目乱れ、足入り、小沸つき、砂流しかかる。帽子は、湾れ込み、先掃きかけて丸く深めに返る。

吉國は、陸奥に生まれ、大坂の大和守吉道に学び、江戸時代前期・万治頃に活躍した土佐藩工です。「摂州住吉国」、「上野大掾吉国」、「上野守吉国」等とも銘を切ります。

黒石目地塗鞘大小拵 : 桜花透図鐔(鉄地金色絵金覆輪)、水仙図目貫(赤銅地)、水仙図縁頭(赤銅魚々子地高彫金色絵)、水仙図小柄(赤銅魚々子地高彫金色絵)、高麗糸片捻片摘柄巻

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年

見どころ
鐔は桜、縁頭・目貫・小柄は水仙を画題とした揃いの金具が用いられた黒と金のコントラストが鮮やかな大小拵が付いています。康光在銘の太刀は磨り上げながら反り深めにつき、華やかなな乱れ刃を焼き、地鉄は板目に杢の交じり地沸つきやや肌立つ独特の肌で、綺麗な乱れ映りが現れています。

状態 太刀研磨の状態は良好です。

状態 脇差鎬地棟寄りに薄錆で曇る部分が数カ所あり、棟に小錆があります。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品 大】赤銅地二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(新潟第060057号 平成2年10月26日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H3.4.3)
【付属品 小】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(新潟第二壱六五七号 昭和三八年六月二四日交付)














【商品番号】A070417【価格】3,300,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.