Touken Komachi





脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
丹波守吉道(大坂初代)
Tanba no kami Yoshimichi, Osaka 1st generation
【銘文】表 : 丹波守吉道
【寸法】刃長 39.3cm(1尺2寸9分7厘)、反り 0.7cm(2分3厘)、元幅 2.95cm、元重ね 0.60cm、先幅 1.98cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 2個、刀身重量 343.5g 、白鞘全長 58cm
【時代】江戸時代前期 承応頃
【国】摂津

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、長さに比して身幅広めに、重ね厚く、元先はやや幅差つき、浅く反りがつき、中切先詰まごころとなる。

 茎は、生茎、鑢目は大筋違、先は刃上がり剣形、目釘孔二。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、流れ肌交じり、地沸微塵につく。

 刃文は、直ぐに長く焼き出し、小湾れに、互の目交じり、沸厚くつき、砂流しかかり、匂口冴える。

 帽子は、直ぐに尖りごころに返り、先しきりに掃き掛ける。

【見どころ】京初代丹波守吉道の次男(三男とも)、大坂初代丹波守吉道の作品です。父に倣い簾刃の上手として知られ、『新刃銘尽後集』では京丹波と見紛うほどの名人と評されています。 (リンク) 大坂初代丹波守吉道は、慶長3年に生まれ、三品金右衛門と称しました。京より大坂に移住して正保年中に丹波守を受領したと伝えられ、寛文七年に七十歳を銘を切る作があります。本作は、元先の幅差つく鎬造りの小脇差の姿に、菊紋をきらず、焼幅広く沸出来の湾れ乱れ刃文を焼き、作り込み過ぎない自然味があり勢いのある簾刃が見事な一振りです。大坂初代丹波守吉道の焼き出しは、上に行って徐々に焼幅が広くならず一定の幅で長く直ぐに焼くところも見どころです。

【状態】
良好です。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(岩手県 第32289号 平成拾八年月貳拾壱日交付)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成20年7月9日発行)

【商品番号】A060718【価格】290,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.