Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。






脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
無銘(宇多)
No signature, attributed to Uda
【銘文】無銘
【寸法】刃長 47.57cm(1尺5寸7分0厘)、反り1.66cm(5分5厘)、元幅 2.85cm、元重ね 0.24cm、元鎬重ね 0.48cm、目釘孔 1個、刀身重量 313.5g 、白鞘全長 67.5cm、拵全長 69cm
【時代】室町時代中期
【国】越中

【特徴】長巻直し造り、庵棟、身幅尋常、重ねは棟側が薄く鎬はやや高く、先幅さほど落ちず、先反りがつく姿。表裏に棒樋を掻き、区上で掻流し風に丸留とする。茎は、鑢目筋違、先切り、目釘孔1。地鉄は板目流れ、やや肌立ち、地沸つき、地景入り、白け映り立つ。刃文は、湾れ乱れ、互の目交り、足入り、小沸つき、砂流しかかる。帽子は浅く乱れ掃き掛けてわずかに返る。

越中宇多派は、鎌倉時代末期頃の文保頃、大和国宇陀郡より古入道国光が越中国宇津の地に移住し、宇多派の祖となったと伝えられます。国光の子に国房・国宗があり、門流は南北朝から室町時代に渡り栄えています。室町時代に入ると、前期に国房、国宗、国久等がおり、末期になると国次、国長、国清、国宗、真国等多数の刀工がいます。出身が大和国宇陀郡であることから、大和気質の強い作風が多く継承され、越中の先達である則重や江に私淑した相州伝風の作域も見られます。

参考文献 : 『日本古刀史』本間順二著 (日本美術刀剣保存協会発行 昭和33年)、『刀剣鑑定のきめ手』柴田和夫 著(雄山閣 昭和62年)、『第45回重要刀剣図譜』日本美術刀剣保存協会(平成11年)

黒石目地塗鞘脇差拵 : 双龍透図鍔(鉄地)、獅子牡丹図目貫(銅地)、雲龍図縁頭(赤銅魚々子地金色絵)、竜魚図小柄(山銅魚子地金色絵)

見どころ室町時代中期頃の薙刀を後年、茎を短く詰め、物打ち上の棟側から身幅を細めて先の張りと反りを抑え、脇差としたと見られる長巻直し姿です。そのため、帽子の返りがごく浅くなっています。樋の掻き方が珍しく、樋先は鎬地から始まり、区近くで平地に到達しています。おそらく姿と鎬の線のバランスを考慮したものとも考えられます。地鉄は黒みを帯びて地沸つき強く、物打ちより上は、飛び焼きかかり皆焼風となります。

状態 古研ぎでヒケがありますが、現状で保存と鑑賞が可能です。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(青森県第5182号 昭和30年11月14日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成元年五月九日発行)



【商品番号】A060616【価格】180,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.