Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。






刀 軍刀拵入り
Katana, Koshirae
友重
Tomoshige
【銘文】銘(表)友重
【寸法】刃長 69.6cm(2尺2寸9分7厘)、反り2.1cm(6分9厘)、元幅 2.95cm、鎬元重ね 0.75cm、棟元重ね 0.54cm、先幅 1.98cm、先重ね 0.36cm、目釘孔 3個、刀身重量 549.5g 、白鞘全長100cm、拵全長103cm
【時代】室町時代前期
【国】加賀
【特徴】鎬造り、庵棟、身幅尋常、鎬筋が高く、わずかに先反りがつき、中切先となりふくら枯れる姿。茎は磨上げ、鑢目勝手下がり(旧)に切り(新)、先切り、目釘孔3個。地鉄は板目肌細かにつみ、地沸つく。刃文は小互の目乱れ、足入り、小沸つき、砂流しかかる。帽子は地蔵風。

友重は南北朝時代に、来国俊門の初代藤島友重を始祖として加賀の地に興こり、代々江戸時代の末まで続きました。

陸軍九八式軍刀拵 : 兜金に下がり藤家紋入り

見どころ】潤いのある地鉄にムラなく沸づいた小乱れの刃文や、磨上げながら反りが深くつきやや踏ん張りごころのある今の姿が、当初の2尺5寸ほど刃長があったと見られる趣ある太刀姿を彷彿とさせます。戦国時代を乗り越え江戸時代に守り継がれ、さらに昭和13年制定の陸軍制式軍刀拵に納められて今日まで、実に五百数十年ほどの長きに渡り伝えられた一振り。三ツ角の凛とした調子や切先の形のよさ、帽子の明瞭な具合など往時の風格をとどめていることも貴重で、人々が大切に伝えてきたことを証しています。

状態刀身表に地鉄の荒れたところがあり、小傷が1箇所、同じく刀身表中程の鎬地にしなえがあります。研磨の状態は良好です。拵の鞘に擦れがわずかにあります。刀緒が切れているところが1箇所あり補修跡が2箇所あります。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着二重ハバキ、拵、登録証(和歌山県第14828号 平成1年7月21日再交付)







【商品番号】A060516【価格】250,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.