Touken Komachi





脇差 白鞘入
Wakizashi, Shirasaya
国真
Kunizane
【銘文】表 : 國真
【寸法】刃長 49.5cm(1尺6寸3分3厘)、反り 2.0cm(6分6厘)、元幅 3.02cm、元重ね 0.61cm、先幅 2.05cm、先重ね 0.36cm、目釘孔 2個、刀身重量 387g、白鞘全長 73cm
【時代】江戸時代前期
】山城

【特徴】姿は、鎬造り、三ツ棟、身幅・重ね尋常、先反り強くつき、中切先大きく延びフクラ枯れる。

 生茎、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。

 彫物は、表に梵字(文殊菩薩)と滝不動の浮彫、裏に梵字(不動明王)に蓮台を彫る。

 地鉄は、小板目に杢交り、地沸つき、地景入り、ややざんぐりとする。

 刃文は、湾れに、互の目交じり、足・葉入り、沸つき、砂流しかかり、棟焼き入る。

 帽子は、直ぐに先尖りごころに返る。

【見どころ】本作の製作者である国真は、地鉄のざんぐり感や茎仕立てなど、その作風から江戸時代前期頃の堀川系の刀工と見られます。ゆったりとした湾れの焼幅の広い部分に、変幻自在で形に捉われない柔らかで匂口明るい乱れ刃を交える刃文を構成し、鎬の稜線を超えて表された存在感のある彫物とも調和しています。反りの深いやや特異な体配でもあり、特別な願いを込めた一振りであったのかもしれません。

【状態】
良好です。表の横手下刃寄りに薄い鞘ヒケ跡があります。
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(岡山県 第105765号 平成元年六月六日発行)特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成23年2月25日発行)

【商品番号】A051118【価格】450,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.