Touken Komachi







脇差 白鞘入り 拵付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
無銘(志賀関)
Mumei, attributed toShigaseki
【銘文】無銘
【寸法】刃長 39cm(1尺2寸8分7厘)、反り 0.7cm(2分3厘)、元幅 2.75cm、元重ね 0.61cm、目釘孔 4個、刀身重量 244g 、白鞘全長 57cm、拵全長 70cm
【時代】室町時代中期
【国】 美濃 - 尾張

【特徴】平造、庵棟、身幅・重ね尋常、先反り付く姿に、表裏に棒樋を掻き丸留とする。磨上茎、鑢目勝手下がり、先切り、目釘孔4個。地鉄は、板目肌流れ、刃寄りが柾目状となり、地沸つく。刃文は、互の目に尖り刃や小互の目が交じり、匂口締まりごころ、足入り、小沸つき、砂流しかかる。帽子は小丸に返り先掃きかける。

黒漆研出鮫鞘脇差拵 : 秋草に虫図縁頭(銘 美濃住光仲)、秋草に虫図鐔、貴人図目貫、蛇腹糸三編掛組上巻

志賀関は、山田関とも称せられる刀工集団で、美濃小山から尾州志賀に移住し、室町時代中期頃から末期にかけて活躍しました。「志賀」及び「山田」は現在の名古屋市北区の志賀町とその北辺の山田町を指し、かつての西春日井郡山田荘と伝えられます。代表的な刀工に、兼延(明応頃)、国次(明応頃)、延次(兼延の子・永正頃)などがいます。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國著 本間薫山校閲 雄山閣 2003年

見どころ高低差を抑えた互の目に尖り刃が交じる刃文、板目の刃寄りが流れる地鉄などに特徴のある、志賀関と極められた脇差です。先反りがつき、表裏に棒樋があることで重さが軽減され手持ちが軽やかであり、操刀性が考慮された姿と見られます。後年にわずかに磨上げられており、茎先を摘(つま)んでいます。

状態状態は良好です。拵に小柄はありません。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(三重県 第50581号 平成16年10月12日交付) 、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H23.2.25)



【商品番号】A050317【価格】380,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.