Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。





刀 白鞘入り、拵え付き
Katana, Shirasaya, Koshirae
兼永
Kanenaga



【銘文】(表)兼永

【寸法】刃長 74.2cm(2尺4寸4分8厘)、反り2.3cm(7分6厘)、元幅 3.00cm、元鎬重ね 0.76cm、先幅 2.05cm、先重ね 0.53cm、目釘孔 1個、
刀身重量 790.5g
、白鞘全長 100cm、拵え全長 103cm

【時代】室町時代後期 永禄~天正頃
【国】美濃国 関

【特徴】重ね厚く、ずっしりとした手応えがあり、時代の気風を反映して姿力強く、鍛え目荒々しく、典型的な戦国時代の作風。
地鉄は、詰んだ板目肌、所々荒く流れて明るい。
刃文は、湾れに不定形な互の目が混じって、激しく錵付く。
帽子は、錵が一段と荒々しく、特に差し表の物打ちから切っ先に掛けて皆焼風となり、覇気に溢れる。
銘は、大振りの二字。

《以下参考》初代兼永は、大和から移住した美濃鍛冶の事実上の祖と伝え、幕末に至るまで連綿と引き継がれた由緒ある名跡で、銘文字が異なる遺作が現存。本作は地鉄や体配、茎の様子など室町後期、永禄~天正頃の美濃関本国作と推定される。

綺麗な天正拵えの写しが付属。柄は、波彫りの時代縁、黒漆塗り鮫、抱き茗荷と矢羽の三双目貫、角頭に紺藍染めの鹿革を掛け巻き、鞘は、濃い朱の溜塗り、両木瓜形赤銅覆輪の古風な鎚目地鉄鍔、柄巻と共皮の下げ緒。素銅に金着せ太刀鎺。

状態
生茎で原形を保ち、重ねの落ち少なく、比較的健全。サシコミ研磨が施され、鎺・拵え・白鞘共に傷み無く良好。

(上記、本品の委託主様が説明文をお書添え下さり、原文のまま掲載させていただきました。)

【見どころ】やや鎬が高い造り込みで反り高く堂々とした体配。檜垣鑢のかかった茎は生ぶで手触り滑らか、状態良く保存されています。緊密に詰んだ鍛え肌は独特の白けごころがあり、沸出来の湾れ乱れ刃は互ノ目や尖り刃、足・葉を交え、金筋・砂流しがかかり明るく、湯走りも見られ覇気に富んでいます。漆塗りの芸術的な美が堪能できる拵えも見事。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、ご来店希望日の前日までにご予約の上、ご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵え、拵え袋、登録証(広島県 第26847号 昭和41年9月16日発行)、特別貴重刀剣認定書(日本美術刀剣保存協会)







【商品番号】A050215【価格】1,000,000円 → 850,000円 (消費税・送料込み) 値下げしました!


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.