Touken Komachi





刀 白鞘入り 拵付き 
Katana, Shirasaya, Koshirae
無銘 (加州景光)
Mumei, attributed to Kashu Kagemitsu
【銘文】無銘
【寸法】刃長 67.26cm(2尺2寸2分)、反り 1.32cm (4分)、元幅 2.69cm、元重ね 0.60cm、先幅 1.62cm、先重ね 0.29cm目釘孔 2個半、刀身重量 555.5g 、白鞘全長 95cm、拵全長 98.5cm
【時代】南北朝時代
【国】加賀
【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね共に尋常、反り浅めに付き、中切先となる姿。茎は磨上げ、鑢目切り、先切り、目釘孔二個半。地鉄は板目肌よくつみ、杢目交じり、地沸つき、映り立つ。刃文は、小互目乱れ、湾れを交じえ、匂深く、鼠足入る。帽子は、直ぐに先尖がりごころ、掃き掛ける

黒蝋色塗千段刻鞘拵 :
梅桜松透鐔(鉄地)、御所車図目貫(赤銅容彫金色絵)、蔦御簾扇図縁頭(赤銅魚々子地高彫色絵)

 加賀国には、鎌倉時代まで著名な刀鍛冶はいなかったが、南北朝時代に、真景、友重の二派が現れ、以後これに連なる系譜が栄えた。景光は、加賀国において延文頃の作があることが文献より知られ、康暦頃の、加州岩滝住真景の子の左馬助を初代とし、応永頃の、藤島友重の弟あるいは藤原と切ることから真景系と見られる景光の他室町時代末期に掛けて数代が存在する。

参考文献 : 『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 平成15年、『新版 日本刀講座 二』 本間薫山・佐藤寒山監修 雄山閣 平成9年

見どころ
よくつまった板目鍛えは杢目を交じえ、潤いのある肌が特徴的です。明瞭な島状の映りが見られます。貫禄のある姿に往時が偲ばれます。
                                                                         
状態研磨、白鞘、拵の状態は良好です。柄糸の目釘孔付近にやや擦れがあります。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(福岡県 第22386号 昭和廿九年九月壹日発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十九年二月二日発行)


【商品番号】A050118【価格】750,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.