Touken Komachi






刀 白鞘入り 拵付 
Katana, Shirasaya, Koshirae
無銘
Mumei
【銘文】無銘
【寸法】刃長 67.56cm(2尺2寸3分0厘)、反り 1.75cm(5分8厘)、元幅 2.91cm、元重ね 0.64cm、先幅 1.71cm、先重ね 0.34cm、目釘孔 4個、刀身重量 574.5g 、白鞘全長 95cm
【時代】室町時代

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、元先幅差つき、中切先となる。

 茎は、磨上げ、鑢目は(旧)勝手下がり(新)切り、先は切り、目釘孔四。

 彫物は、
表裏に棒樋を掻き流す。

 地鉄は、板目肌よく練れ、流れごころ、杢目交じり、地沸つき、地景入り、白気ごころとなる。

 刃文は、直刃調、処々に小互の目や小丁子を交え、小沸つき、匂口沈みごころ、小足入る。

 帽子は、湾れ込み焼き詰め風に掃き掛ける。


 赤茶石目地塗鞘打刀拵 : 龍図目貫、龍図縁頭、木瓜型天法鐔 、波濤図銀鐺

【見どころ】元先の幅差つき、綺麗な反りがつき中切先となる姿で、磨上げ前の堂々とした姿をイメージすることが出来ます。板目が流れて杢目が交じる地鉄は黒味を帯び、肌目がよく見てとれ、白気がかすかに現れています。はばきは、雲にも波にも見える意匠で、龍の図で統一された拵金具との相性がよく、ひとたび拵を纏えば、空も海も前途遮るものなしといった風情で龍が躍動し始めるような興趣があります。

【状態】
小錆が裏の物打ちの平地に1箇所、表の刀身中央あたりの鎬地から棟にかけて2箇所ほどあります。拵の塗鞘に漆の剥落したところが数箇所あり、柄糸に擦れがわずかにあります。
【付属品】素銅地金鍍金一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(京都府 第2308号 昭和廿六年六月四日交付)



【商品番号】A040818【価格】450,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.