Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。





太刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
助村
Sukemura


【銘文】(表)助村
【寸法】刃長 69.8cm(2尺3寸0分3厘)、反り 2.6cm(8分5厘)、元幅 2.65cm、元重ね 0.56cm、先幅 1.80cm、先重ね 0.39cm、切先長さ 2.90cm、茎長さ19.2cm、茎反り 0.2cm、目釘孔 2個、刀身重量 605g 、白鞘全長 100cm
【時代】平安時代末期 元暦( 1184~)頃
【国】備前

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅・重ね尋常、腰反り高く、中切先となる姿。表裏に棒樋を掻き通す。茎は磨上げ、鑢目勝手下がり、先切り、目釘穴2、佩表茎先近く平地に細鏨の二字銘。地鉄は板目肌、わずかに杢交じり、地沸つき、地景入り、映り鮮明に立つ。刃文は直刃調、小乱れ、互の目など交じり、足入り、細かな沸よくついて金筋・砂流しかかり、二重刃風交じり、処どころ少しく湯走りかかる。帽子は直ぐに小丸、先掃きかけてわずかに返る。

助村は平安時代末期 元暦( 1184~)頃に備前で作刀した刀工。古備前。「助村」、「備前助村」、「備前国助村」等銘を切り在銘作は稀少。重要文化財に指定されている刀 折り返し銘「備前助村」(京都国立博物館蔵)」、重要美術品に指定されている太刀がなどが知られています。

見どころ腰反り高く気品のある太刀姿で、深く青く澄む地鉄に映りが立ち籠め、直刃調小乱れの刃文は二重刃風や金筋・砂流しを交えて天衣無縫に輝き、えも言われぬ風趣が感じられます。磨上げ前の区際の焼き落とし、生目釘穴の様子、素朴な銘字などにも渋い味わいがあります。古備前にあって現存する在銘作の少ない助村。本作は稀少な在銘刀で、助村の作風を垣間見ることができます。重要刀剣図譜には「同作中の優品で、同工を研究するにあたっての好資料の一口でもある。」との高評価。八百有余年の長きに渡って、愛刀家諸氏により大切に受け継がれてきた助村の御太刀をぜひお手元で愉しまれたく存じます。

状態】佩表区上約20cm、佩裏区上約10cmあたりの棒樋のチリ上と、区上17cm以内の樋中に小傷があります。研磨や白鞘、はばきの状態は良好です。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】金無垢太刀ハバキ(内側の背に銀板)、白鞘、白鞘袋、登録証(千葉県 第23137号 昭和43年12月5日交付)、第四十三回重要刀剣証明書(日本美術刀剣保存協会 平成九年十月三十日指定)



【商品番号】A040715【価格】12,000,000円 (消費税・送料込み)(2016年7月31日まで掲載)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.