Touken Komachi





脇差 白鞘入り、拵え付き
Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
無銘(兼常)
Mumei, attributed to Kanetsune
【銘文】無銘
【寸法】刃長 48.8cm(1尺6寸1分0厘)、反り1.5cm(4分9厘)、元幅 2.76cm、元重ね 0.64cm、先幅 1.96cm、先重ね 0.42cm、目釘孔 3個、刀身重量 397g 、白鞘全長 69cm、拵全長 68.5cm
【時代】室町時代後期
【国】美濃
【特徴】鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、先反り強くつき、中切先延びる姿。表裏に棒樋を掻き通す。大磨上、鑢目切り、先切り、目釘孔三。地鉄は板目肌、地沸厚くつき、白気映り立つ。刃文は、直刃調、小湾れに小互の目を交える。帽子は直ぐに丸く浅目に返る。

兼常は、末関の代表的刀工で、古刀期から新刀期にかけて同名が複数存在します。互の目や直刃を得意なとしています。

黒蝋色塗鞘脇差拵 : 菊小禽図鐔(赤銅魚々子地高彫色絵)、菊唐草文象嵌御簾秋草図縁頭(赤銅魚々子地金象眼高彫色絵)、枝菊図目貫(赤銅地容彫色絵)、秋草図小柄(素銅地)、小柄穂(銘 : 津田近江守助直)

参考文献:『日本刀銘鑑』石井昌國 本間薫山 雄山閣 平成十二年

見どころ
鉄色清涼に澄み地沸厚くつく板目肌に、表裏とも刀身の中程で小湾れに小互の目を交えた直刃調の刃文を焼いて、先反りの強い大磨上の姿となっています。
  
状態】樋中に鍛え割れがあります。 頭が上下逆さまに付いています。
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(宮城県 第34498号 昭和五拾九年五月拾六日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十八年三月二十三日発行)



【商品番号】A031217【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.