Touken Komachi






脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
河内守国助(初代)
Kawachi no kami Kunisuke(1st generation)
【銘文】河内守藤原国助
【寸法】刃長40.0cm(1尺3寸3分3厘)、反り 1.0cm(3分3厘)、元幅3.06 cm、元重ね 0.74cm、先幅 2.23cm、先重ね 0.56cm、目釘孔 1個、刀身重量 456g 、白鞘全長 61cm
【時代】江戸時代初期
【国】摂津
【特徴】鎬造り、庵棟、身幅広く重ね暑く、先幅はさほど狭まらず、反りつき中切先延び、寸がややつまる姿。生茎、鑢目大筋違、先栗尻、目釘穴一。地鉄は板目肌よく練れ、杢や流れ肌交じり、地沸よくつき、地景細かに入る。刃文は、浅い湾れに互の目や掃きかけ交じり、匂口沈みごころに、沸処々むらとなり、砂流し・湯走りかかり、飛焼き・棟焼き入る。帽子は、直ぐに掃きかけて先大丸風、やや深く返る。

初代河内守国助は、伊勢亀山に生まれ、堀川国広の最晩年頃の門人で、実際は越後守国儔が指導を行ったと見られます。初代和泉守国貞(親国貞)と同様、大坂に移住し大坂新刀の始祖として活躍しました。「河内守藤原国助」銘で、寛永三年二月日紀の薙刀や短刀が現存し、それより古いと見られる河内守銘の作なども考慮すると、元和九年の親国貞の和泉守受領と相前後して受領したと考えられます。正保4年5月30日没。同銘数代あり幕末に至ります。

参考文献 : 『寒山刀剣講座 第二巻』刀和会 昭和60年、『日本刀銘鑑』石井昌國編著 本間薫山校閲 雄山閣 2003、『第36回 重要刀剣図譜』日本美術刀剣保存協会 平成2年 

見どころ
ズシリとした手応えで、頑丈でまとまりのある姿の小脇差です。板目に杢や流れ肌が交じりザングリとしてやや肌立つ鍛えに、焼幅広めに匂深く、総体に砂流し・沸筋かかり、物打ちあたりに小さな飛び焼を交え棟を焼き、初代国助の特徴をよく示す出来優れた作となっています。

状態 研磨、白鞘、はばき共に状態は良好です。

【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(和歌山県 第10936号 昭和40年12月9日交付)、特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十六年七月九日発行)

【商品番号】A030717【価格】560,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.