Touken Komachi







脇差 白鞘入り
Wakizashi, Shirasaya
洛陽住源綱廣
Rakuyo ju Minamoto Tsunahiro
【銘文】表 : 洛陽住源綱廣
【寸法】刃長 53.9cm(1尺7寸7分8厘)、反り 0.9cm(2分9厘)、元幅 3.17cm、元重ね 0.68cm、先幅 2.26cm、先重ね 0.50cm、目釘孔 貮個、刀身重量 515g 、白鞘全長 78cm
【時代】江戸時代 寛文(1661~)頃
【国】山城
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広め、重ね尋常、反り浅くつき、中切先となる姿。生茎、鑢目筋違、先浅い栗尻、目釘孔二。地鉄は板目に杢交じりやや肌立ち、流れごころとなり地沸つく。刃文は直ぐに焼き出し、小湾れに互の目を交え、足入り、沸つき、金筋・砂流しかかる。帽子は浅く湾れて丸くやや深く返る。

綱廣は、「城州住源綱廣」「近江守源綱廣」などとも銘を切り、江戸時代寛文頃
京都で作刀をしました。『古今鍛治備考』によると元禄頃の勢州吉廣を同人とし、この説が正しければ後年は伊勢に移住し吉廣と改名したということになります。

参考文献 : 『犬養木堂注記本 古今鍛治備考 (全)』山田浅右衛門編著 福永酔剣解説 昭和50年発行

見どころ】身幅広く鎬低めで、茎はやや詰まった姿となり、板目やや肌立つ地鉄は流れごころとなり、
焼き幅の広い湾れに互の目を交え刷毛目のような砂流しがかかる匂口明るい刃文を焼いています。新刀期の山城の鍛治は、埋忠・三品・堀川の三系統がありますが、本作の綱廣は作風と銘から、堀川系の門に学んだ鍛治ではなかったかと推測されます。

状態】刀身裏の中程にやや地鉄が荒れて見えるところがあります。ハバキの擦れ跡がわずかにあります。研磨、白鞘、ハバキの状態は良好です。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(京都府 第54282号 平成拾六年参月弐拾五日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成二十六年七月九日発行)



【商品番号】A190517【価格】550,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.