Touken Komachi





刀 白鞘入 
Katana Shirasaya
無銘(高田長盛)
Mumei, no siganture, attributed to Takada Nagamori
【銘文】表 : 無銘 
【寸法】刃長 66.05cm(2尺1寸8分0厘)、反り 1.96cm(6分5厘)、元幅 2.76cm、元重ね 0.59cm、先幅 1.78cm、先重ね 0.36cm、目釘孔 2個、刀身重量 632.5g、白鞘全長 94cm
【時代】室町時代中期〜後期
】豊後

【特徴】姿は、鎬造り、鎬高め、庵棟、身幅・重ね尋常、反り深く、元先幅差つき、中切先フクラやや枯れる。

 茎は大磨上げ、先ごく浅い栗尻、鑢目切り、目釘孔二。

 地鉄は、小板目肌流れごころ、よくつまり、地沸つき、地景入り、白気映り立つ。

 刃文は、互の目乱れに、小互の目・腰開き互の目・小丁子刃・尖り刃が交じり、足・葉入る。

 帽子は、乱れ込んで長く返る。

【見どころ】よくつまった小板目肌が流れごころとなり、地沸つき地景入り、白気映り立つ地鉄に、匂口明るく、総体に比較的小模様の小乱れが連続し、小互の目・腰開き互の目・小丁子刃・尖り刃が交じり、足・葉がしきりに入る刃文を焼いています。身幅・重ね尋常で反り深く、大磨上げの体配でありながら伸びやかな姿の良さが感じられる一振りです。高田長盛は、豊後国高田派の刀工で室町時代・長禄頃から室町時代後期にかけて同銘が数代あります。「平高田」と称される中でも、長盛は抜群の技倆を持つ刀工として知られています。本作も地鉄の良さが特筆され楽しめる一振りです。

【状態】
研磨済みで良好です。ハバキ下に朽ち込み跡があります。

【付属品】素銅地一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(静岡県 第1186号 昭和廿六年四月廿日発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成23年8月17日発行)

【商品番号】A021218【価格】330,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL : (03)5284-9014 / FAX : (03)5284-9043 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.