Touken Komachi








大脇差 白鞘入り 拵付き  
O-Wakizashi, Shirasaya, Koshirae
兼房
Kanefusa
【銘文】表 : 兼房
【寸法】刃長 60.2cm(1尺9寸8分6厘)、反り 1.8cm(5分9厘)、元幅 2.90cm、元重ね 0.54cm、先幅 1.91cm、先重ね 0.32cm、目釘孔 1個、刀身重量 491g 、白鞘全長 84.5cm、拵全長 93cm
【時代】室町時代中期
美濃

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、鎬筋高く、反りやや深く、先反りつき、中切先延びる体配。

 茎は、生茎、鑢目鷹の羽、先浅い栗尻、目釘孔一。

 地鉄は、板目肌よく練れ、流れて柾がかり、地沸つき、白気ごころがある。

 刃文は、細直刃、浅く湾れ、小足入り、匂口締まりごころに小沸つき、砂流しかかる。物打ちあたりの焼き幅をやや広げ、横手下で再び狭める。

 帽子は、浅く湾れ込み、先尖ごころに掃き掛けて返る。
 
 
 美濃・古美濃金具大脇差拵
 秋草図鐔 無銘(美濃) : 刳込木瓜形、赤銅魚子地、鋤出深彫、金銀色絵、鋤残肉彫金色絵耳
 唐松図目貫 無銘(美濃) : 赤銅地、容彫、金銀色絵
 桔梗唐草図縁頭 無銘(古美濃) : 赤銅魚々子地、鋤出深彫、金銀露象嵌色絵

【見どころ】兼房は、末関の刀工で、室町時代中期から新刀期にかけて活躍し、同名が数代あります。「兼房乱れ」と称される互の目丁子乱れや、湾れ、または三本杉なども手がけており、
作域が広いことが知られています。本作は、よく練れた流れ柾の鍛え肌でやや白気立つ地鉄に、匂口締まりごころに小沸つく細直刃を焼いており、反り深めの体配でほぼ刀に近い長さの大脇差です。近年新たに製作された、美濃金具で統一した見事な大脇差拵えが付いています。

【状態】
刀身の状態は良好ですが、表の横手近くの鎬地に鍛割れがあります。拵えは、近年製作されたもので大変良好です。
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、拵、拵袋、登録証(栃木県 第44767号 昭和六拾参年五月拾九日交付・再交付)大脇差 : 特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成27年2月5日) 鐔 : 特別保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成26年5月2日) 目貫 : 保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成23年4月27日) 縁頭 : 保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成28年11月8日)



【商品番号】A020918【価格】1,000,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.