Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
孫六兼元
Magoroku Kanemoto

【銘文】(表)兼元
【寸法】刃長 60.2cm(1尺9寸8分6厘)、反り 1.5cm(4分9厘)、元幅 2.84cm、元重ね 0.55cm、先幅 1.89cm、先重ね 0.47cm、目釘孔 2個、刀身重量 493.5g 、白鞘全長 86cm
【時代】室町時代
【国】美濃

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅重ね尋常、先反りがつき、中切先となる姿。磨上げ、鑢目表(旧)は鷹の羽、表(新)はなし裏は切り、先切り、目釘穴2。地鉄は板目肌流れごころ、杢交じり、やや肌立ち、地沸つき、白け映り立つ。刃文は互の目乱れ、尖り刃や、湾れを交え、足入り、匂口しまりごころに匂本位に小沸つき、細かな金筋・砂流しかかる。帽子はわずかに乱れ込み、表は先小丸ごころ、裏は先尖りごころに返る。

孫六兼元は、和泉守兼定と並び、室町時代後期の美濃を代表する刀工。美濃国赤坂に住した。(関孫六は兼元一家の呼称で、後代が関に住したためと伝わっています。)兼元は、代々名跡が継承される中でも、永正頃に作刀した二代兼元がもっとも技倆に優れ、世に「孫六兼元」または「名人孫六」と呼ばれ賞玩されています。

見どころ兼元は、三本杉とよばれる互の目が連なる刃文が有名ですが、本作の作者である孫六兼元の作は、互の目の頭が丸みを帯びて変化をみせ、画一的でないところに個性が窺われます。本作も地鉄が明るく、腰元には湾れを交えて互の目の大きさも変化し、物打ち下で焼幅がやや広くなるなど華やいだ雰囲気のある刃文構成となっています。

状態研磨済み。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(東京都 第311691号 平成弐拾六年七月八日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H25.4.24発行)



【商品番号】A020715【価格】1,800,000円 (消費税・送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.