Touken Komachi






短刀 白鞘入り
Tanto, Shirasaya
手柄山正繁
Tegarayama Masashige
【銘文】表 : 奥州白川家臣正繁 裏 : 武陽吉駿岱作
【寸法】刃長 22.2cm(7寸3分2厘)、反り 0cm (なし)、元幅 2.49cm、元重ね 0.79cm、目釘孔 1個、刀身重量 227.0g 、白鞘全長 38.0cm
【時代】江戸時代後期 寛政頃
【国】武蔵
部分拡大画像は、後ほど入ります
【特徴】姿は、切先諸刃造、庵棟、身幅尋常、重ね厚く、無反り、元先やや幅差つき、ふくらつく、寸の詰まった体配。

 茎は、生茎、鑢目は大筋違(おおすじかい)に化粧つき、先は入山形(いりやまがた)、目釘孔一。

 地鉄は、小板目肌よくつみ、地沸つき、地景こまかく入る。

 刃文は、直刃調、浅い湾れを交え、匂深く、沸よくつき、砂流し、喰い違い刃が交じる。

 帽子は、直ぐに先尖りごころの小丸、掃き掛け、湾れて深く焼き下げる。

 鞘書 : (表)「奥州白川家臣正繁 武陽吉駿岱作 初期打珍敷之 刃長七寸三分余有之」 (裏)「昭和甲寅年夏日 寒山誌(花押)」とある。

【見どころ】がっちりとして、武張った直線感の強い構造をなす短刀です。棟区より上方にある、諸刃部に連なる棟重ねの最大値は0.83cmと、棟区の重ねの数値0.79cmより厚くなっており、棟側から見た姿も引き締まってパワフル。小板目つみ、かねよく冴えて、砂流し・喰違い刃が鮮やかな沸の景色を呈しています。
 
 手柄山正繁は、通称を朝七といい、本国播州姫路、三代氏繁の弟で初銘は氏繁、代々、手柄山の麓に住したことからそれを姓とし、「手柄山正繁」と銘を切ります。天明八年に、奥州白川の楽翁(松平定信)の抱え工となって江戸に登り、享和3年4月5日、甲斐守を受領しました。丹霞斎と号し、晩年には楽翁より「神妙」の二字を受け、快作にはこれを切ったと伝えられます。

 本作は、江戸神田駿台に住したことを示す裏銘表記が共通し、なおかつ寛政五・寛政九等の年紀を有する同工の作
から鑑み、同時期の寛政頃の作品と考えられます。手柄山正繁の比較的初期の作ですが、優れた技倆が窺えます。

【状態】茎に浅い錆痕があるものの、上身は健全な姿で保存されており、状態は良好です。
【付属品】麻の葉文素銅地銀着一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(福岡県 第69532号 昭和五壹年参月廿四日発行)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 平成18年6月28日発行)

【商品番号】A020618【価格】売約済


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.