Touken Komachi




刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(若狭守氏房)
Mumei, attributed to Wakasa no kami Ujifusa
【銘文】無銘 
【寸法】刃長 71.7cm(2尺3寸6分6厘)、反り1.6cm(5分2厘)、元幅 3.18cm、元重ね 0.65cm、先幅 2.31cm、先重ね 0.46cm、目釘孔 4個、刀身重量 688g 、白鞘全長 101cm
【時代】室町時代末期
【国】美濃
【特徴】鎬造、庵棟、身幅広く、重ねやや厚く、反り浅く、先反りつき、中切先延びる姿。磨上げ、鑢目勝手下がり、先切り、目釘孔4個中3埋。地鉄は、板目肌、ところどころ流れ、杢目交じり、地沸つき、白気を帯びた映り立つ。刃文は、互の目乱れに尖り刃、互の目丁子、小湾れなどを交え、足よく入り、匂口締まりごころに、やや叢立つ沸つき、砂流しかかる。帽子は乱れ込み、先小丸に返る。

清左衛門尉とよばれ、法名を善斎と号した三代兼房に四人の子があり、その三男が若狭守氏房です。
若狭守氏房は、天文三年に岐阜に生まれ、京三郎と称し、のち清左衛門と改めました。初銘を「兼房」と切り、岐阜から関に移って鍛刀し、弘治二年、長兄の石見守国房より善定家の惣領職を譲り受け善定家の嫡家となります。のちに「氏房」と改め、永禄十三年四月十九日左衛門少尉に任じ、三日後四月二十二日「若狭守」に転じました。織田信長の抱鍛冶となり、清洲、安土と扈従しており、天正十年六月織田信長が本能寺で自害の後、岐阜に帰り、織田信孝の扶持を受け、のち清洲に移り鍛刀しました。天正十八年五月十一日清洲にて歿。享年五十七歳。法名は「前若州大守良屋宗善居士」。

「兼房」「濃州関住氏房」「関住藤原氏房」「左衛門尉藤原氏房造」「若狭守藤原氏房」「若狭守氏房」「岐阜住氏房」等と銘を切ります。若狭守氏房の初期作に「関住若狭守氏房」と切る作があり、若狭守を受領した永禄13年頃の銘と見られ、磨上げの刀で、板目肌よく詰み杢目交じる地鉄、互の目に兼房丁子が交じる刃文です。(『関市所有刀剣・拵』)

参考文献 : 『春霞刀苑』通巻9号・11号 春霞刀剣会 犬塚徳太郎 昭和39年、『関市所有刀剣・拵』岐阜県関市環境経済部商業観光課 平成20年、『美濃刀工名鑑』杉浦良幸 平成20年

見どころ】地鉄に冴えがあり、兼房丁子が交じる独特の刃文で、磨上げながら豪壮な姿に迫力のある一振りです。無銘となっていることが惜しまれますが、日本美術刀剣保存協会により「若狭守氏房」と極められています。若狭守氏房は比較的作品が少ないことが知られており、本作も貴重な作品と言えます。

状態】部分的に地鉄がやや荒れて見えるところがあります。茎表に、わずかに朱書の跡が残っています。
*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着二重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(愛知県 第66741号 平成拾年七月九日交付)、保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会H24.8.13)

【商品番号】A011116【価格】850,000円(消費税、国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.