Touken Komachi





刀 白鞘入り
Katana, Shirasaya
無銘(藤原高田)
Mumei attributed to Fujiwara Takada
【銘文】無銘
【寸法】刃長 60.6cm(2尺0寸0分0厘)、反り 1.20cm(3分9厘)、元幅 3.01cm、元重ね 0.65cm、先幅 1.94cm、先重ね 0.43cm、目釘孔 1個、刀身重量 581g 、白鞘全長 84.5cm
【時代】江戸時代

【特徴】姿は、鎬造、庵棟、身幅・重ね尋常、先幅やや狭まり、中切先となる。

 茎は、生茎、鑢目は切り、先は刃上がり栗尻、目釘孔一。


 地鉄は、小板目肌、地沸つき、地景入り、淡く映り立つ。鎬地は柾目肌となる。

 刃文は、湾れ調にに小互の目・互の目丁子乱れを交え、沸づき、砂流しかかり、飛焼き入る。

 帽子は、直ぐに小丸に返り、先掃き掛けて深めに返る。

【見どころ】新刀期に、藤原の姓と高田住とを銘を切る藤原高田系は、大友氏の抱え鍛治である藤原友行(南北朝時代)を始祖とする刀工一派で、新刀期には、肥後細川家の保護のもと繁栄しました。主要刀工に、行長、国行、忠行、正行、実行、輝行、統行、守行、義行、国平、則行、貞行等の他多くの刀工がいます
。本作は、鎬が高く、鎬幅広めに棟も高い造り込みで、先幅が狭まる体配が特徴的な一振りです。二重刃風の帯状の匂口が現れているのも見どころです。

【状態】研磨済み、はばき・白鞘は新調されています。*
登録証では「刀」、保存刀剣鑑定書では「脇指」と種別が表記されています。
【付属品】銀一重ハバキ、白鞘、白鞘袋、登録証(兵庫県 第118131号 平成19年4月19日交付)保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会平成21年8月12日)

【商品番号】A010818【価格】250,000円(消費税込・国内送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.