Touken Komachi


*各画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。





脇差 拵え入り
Wakizashi, Koshirae

江戸三代康継
Yasutsugu (Edo the 3rd generation)



【銘文】表 : 康継以南蠻鐵 裏 : 於武州江戸作之
【寸法】刃長 52.12cm(1尺7寸2分0厘)、反り 0.6cm(2分)、元幅 3.05cm、元重ね 0.67cm、先幅 2.00cm、先重ね 0.46cm、目釘孔 1個、刀身重量 518.5g 、拵え全長 80.8cm
【時代】江戸時代 寛文頃
【国】武蔵

【特徴】鎬造り、庵棟、身幅広め、重ね尋常、やや元先に幅差あり、反り浅く、中切先詰まりごころとなる姿。生茎、鑢目勝手下がり、先剣形、目釘孔1個。地鉄はよく詰まった小板目肌、地沸微塵につき、地景細かに入る。刃文は小湾れに、頭の丸い互ノ目を交えた乱れ刃となり、匂深く、沸よくつき、足・葉入り、処どころ刃縁ほつれ、金筋・砂流しかかる。帽子は、直ぐに沸づき、先僅かに掃き掛け小丸に深く返る。

朱塗鞘脇差拵え 目貫 : 無銘(京金工) 九龍図 赤銅地 容彫 金色絵、縁頭 : 龍図 鉄地 高肉彫 金色絵、鍔 :竜図 鉄鎚目地 高彫 両櫃孔

江戸三代康継は、二代康継の嫡子として生まれ、右馬助と称した。父二代康継が没した時、まだ十七歳と若かったため、初代康継の三男である四郎右衛門に三代目を相続させようとする動きがあり、お家騒動が起こったが、結果として右馬助が三代目を継ぎ、叔父四郎右衛門は越前家を相続することとなった(越前三代)。初・二代は、一年おきに江戸と越前を往復し将軍家と越前結城氏の両方の御用を勤めていたが、ここで江戸と越前とに両下坂家が分かれ、以後それぞれ定住奉公する。江戸三代康継には寛文・延宝年紀の作があることが知られているものの、没年は不明。

見どころ鍛えのよい綺麗な小板目肌に、むらなく沸づく匂口の明るい乱れ刃は金筋・砂流しさかんにかかり、雲間を縫って天に駆け登る龍を彷彿とさせるような刃文が、江戸三代ならではの上品で安定感のある作域で見事に表現されています。江戸三代康継は現存する作品が比較的少ないとされ、銘字の手癖があり、大振りの銘を切り字体の大きさが茎の形に合わせて先に行く程小さくなる点も面白い見どころです。龍図の金具で纏められた朱塗鞘脇差拵えに入っています。

状態拵えの鞘、鯉口部分に2カ所ごく小さなヒビ割れが2カ所あります。漆の剥落などはなく目立たず鑑賞の妨げとなるものではありませんが、白鞘とツナギを新たに製作し、刀身を白鞘に、ツナギを拵えに入れて保管していただくことをお勧め致します。

*より詳細にご覧になりたい部分を撮影してメールにてお届けすることが可能です。お気軽にご連絡ください。
*当店にて実物をご覧いただけます。お手にとってご覧になりたい方は、前日までにご予約の上、ぜひご来店くださいませ。

(刀剣小町 担当 塚田 まで TEL : 03-5284-9014 / E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com)
【付属品】素銅地金着一重ハバキ、拵え、拵え袋、登録証(福岡県 第9959号 昭和廿六年参月廿四日発行)、 特別保存刀剣鑑定書(日本美術刀剣保存協会 H26.8.14発行)目貫 : 保存刀装具鑑定書(日本美術刀剣保存協会 H24.3.1発行)




【商品番号】A010515【価格】580,000円 (消費税・送料込み)


ご注文はメールでどうぞ。お電話、FAXでも承ります。



ご購入までの流れ

戻る

刀剣小町 TEL/FAX : (03)5284-9014 E-mail : s_tsukada@toukenkomachi.com

営業時間 : 正午〜午後8時まで 定休日 : 日曜日
Copyright © 2009 Touken komachi All rights reserved.